サイト管理人についてはこちらから!
スポンサーリンク

【ご当地非常食】北海道白老町ウポポイでアイヌ食缶詰を買ってみた!

非常食

道の駅巡り・旅行大好きな私は、旅先で必ずと言っていいほどその地域にしか売っていない缶詰やレトルト食品を自分へのお土産として購入しています。

今年はコロナの影響で道外には旅行へ行けていませんが、北海道の道の駅巡りはちまちまと始めており、少しづつ道内のご当地非常食が増えてきました。

誰にも需要は無さそうですが、美味しいご当地非常食もご紹介できればと思っています!

第一弾は、2020年7月にオープンをした北海道白老町にあるウポポイで販売されている、アイヌの料理缶詰です!

ウポポイってなに?

「民族共生象徴空間ウポポイ」はアイヌ文化の復興・発展のための拠点となるナショナルセンターです。

主要施設として国立アイヌ民族博物館、国立民族共生公園、慰霊施設がウポポイ内にあります!

国立アイヌ民族博物館は日本最北端の国立博物館なんです!
アクセス

ウポポイ住所:北海道白老郡白老町若草町2丁目3

■新千歳空港から

  • 高速道路(新千歳空港IC)利用で約40分
  • JR新千歳空港駅特急列車利用で約40分

■札幌から

  • 高速道路(札幌北IC)利用で約65分
  • JR札幌駅特急列車利用で約65分

遠いようで意外と近いので、ぜひウポポイへ行ってみてくださいね!

チェプオハウ 鮭の具だくさん汁缶

ウポポイのお土産コーナーを物色していた時にチェプオハウを見つけ「備蓄に良さそう!」と勢いで購入しました。
賞味期限は製造から3年と長いので嬉しい…!

アイヌ語でチェㇷ゚が「魚」、オハウが「具が多い汁物」という意味です。
それでは早速、一缶食べてみました!

具材

具材が大きい…!!
缶詰を開けた瞬間からじゃがいもがこんにちは。

缶詰の中には、北海道産の鮭・じゃがいも・大根・人参・昆布がごろっと入っています。

温め

常温でも大丈夫かな?と思いましたが、どうやら加熱が必要らしい。

■お鍋で調理する場合
缶詰の中身をお鍋に移して中火で約3~5分温めます。

■電子レンジの場合
深めの器に移してラップをかけて約2分(500W)温めます。

災害時を想定してお鍋で温めようかとも思いましたが、何故かこの時は面倒臭くて電子レンジで加熱しました。

具材が大きくて美味しそうですよね!
ワクワクしながら器にラップをかけて500Wで2分加熱した結果…

1分30秒あたりで鮭が爆発しました…。
え、なんで!?

電子レンジから物凄い爆発音が聞こえたので、急いで見に行くとこの有様。

電子レンジ内にも鮭が散らばってしまいました…。

楽せずにお鍋で温めれば良かったと後悔したので、皆さんにはお鍋加熱をオススメします!

実食

鮭は爆発してしまいましたが、それでも大きい!
野菜も大きくて食べ応えがあります。

そして肝心のお味ですが、めちゃくちゃ美味しいです。

アイヌ料理は薄味なイメージがあったんですが、これは昆布の出汁がしっかりと出ていて濃い!!
シンプルな味付けですが、昆布出汁と鮭の旨味が凝縮されているので体に染みます。

備蓄に追加決定しました!

これを全国で買えないのが残念です。
皆さんに食べてもらいたいのに…。

まとめ

ご当地非常食第一弾、チェプオハウのご紹介でした!

今年は道外も沢山旅行する予定でしたが、全てダメになってしまったので、全国のご当地缶詰やレトルトを購入できません…。

しばらくは北海道だけのご紹介になりそうですが、ぜひご興味を持っていただけると嬉しいです。

災害時にも美味しいものを食べて少しでも元気になりましょう。

りーちゃ
りーちゃ

Twitterもやっています!

フォローお願いします…!

タイトルとURLをコピーしました