サイト管理人についてはこちらから!
スポンサーリンク

忘れちゃいけない災害時のオーラルケア!歯磨きで命を守ろう

防災グッズ
この記事は約9分で読めます。

災害による在宅避難や体育館などの避難所で生活をしていると「水が足りないから歯磨きしづらい」「慌ただしくて歯磨きするのを忘れていた」など、災害時のオーラルケアは後回しになりがちです。

歯磨きどころじゃないよ!

と思ってしまいますが、実は歯磨きの後回しはとても危険!
「歯磨きが出来なかった」が原因で亡くなった方もいるので、災害時用に必ずオーラルケアグッズ揃えていきましょう。

歯ブラシ、マウスウォッシュは防災グッズの必需品ですよ!

なぜ歯磨きをしないと命を落とすの?

歯磨きは歯を守るためだけではなく、病気にならないためにも大切な行為です。

阪神淡路大震災では、避難所生活で歯磨きが後回しとなり、口内に増殖した細菌が肺に入って引き起こす誤嚥性(ごえんせい)肺炎が原因で多くの高齢者が亡くなりました。

まさか歯磨きをしなかったことで命を落とすとは思わずびっくりです…。

備えておくべきオーラルケアグッズ

オーラルケアグッズは家族分を必ず用意してください!

歯ブラシ+コップ

右は100均で買った歯ブラシ、左は無印良品で購入した歯ブラシ+コップセットです。

コップと歯ブラシがコンパクトにまとまっているので、ポーチに入れてもかさばりません!

歯ブラシは極細毛、コップはシリコン製で50mlの水が入ります。

シリコンなので、お湯は入れないでください。
水が少ない場合の歯磨き方法

災害で断水してしまうと、歯磨きに水を使うのが勿体なく感じてしまいますよね。
少量の水でも歯磨きは可能なので、万が一のために覚えておきましょう!

①歯ブラシが半分浸かる程度の水をコップに入れます。

②歯ブラシを濡らしてから歯磨きをしてください。

③歯ブラシが汚れてきたら、ティッシュペーパーやウエットティッシュで汚れを拭き取り、また歯磨きをします。これを複数回繰り返しましょう。

④磨き終わったらコップの水を少量含みゆすぎます。一気に水を含まずに、2~3回に分けてゆすぎましょう。

これで少量の水でもしっかりと磨けます!

歯磨き粉

災害でも断水をしない場合があるので、歯磨き粉も備蓄しています。
水もあって歯磨き粉もあれば、完璧に磨けますね。

小さな歯磨き粉もあれば、防災リュックに入れておいても邪魔になりませんよ!

マウスウォッシュ

マウスウォッシュは適量を口に含み20~30秒すすぐだけで、歯を清潔に保てます。
これなら水も必要がないので、避難所でも手軽にオーラルケアが行えます!

左の黄色のマウスウォッシュはとんでもなく汚れが落ちるので、災害用に備蓄しておくと良いでしょう!

歯磨きシート

こちらも水が必要なくオーラルケアを行えます!
シートを指に巻いて歯を磨くだけでスッキリするので、歯磨きシートは必ず防災リュックに入れておいてほしいです。

口から水やマウスウォッシュを吐き出す必要がなく、簡単に歯を清潔に保てるのが良いですよね。

まとめ

私は心配性なので、断水したとき・水が出るとき用にオーラルケアグッズを用意しています。

しかし、大きな地震が発生すると断水することがやはり多いので、マウスウォッシュ・歯磨きシートを中心に備えたほうが良いでしょう!

災害時はどうしても歯を磨くことを後回しにしてしまいがちですが、磨かないことで肺炎になる危険性が十分にあります。
どんな時でも歯を清潔に保ちながら生活を行えるよう、オーラルケアグッズは必ず防災リュックに入れておきましょう!


りーちゃ
りーちゃ

Twitterもやっています!

フォローお願いします…!

タイトルとURLをコピーしました