サイト管理人についてはこちらから!
スポンサーリンク

壁に穴を開けられなくても大丈夫!地震に備えて家具を固定しよう!

ノウハウ

地震の揺れで家具が転倒し逃げ道を塞がれた!

阪神淡路大震災では、建物には被害がないにも関わらず、家具の転倒により逃げ道を塞がれて避難が遅れたケースが多発しました。

また近年の地震データでは、地震で怪我をした原因の約30~50%は家具の転倒・落下・移動によるものでした。(出展:東京消防庁

家具が転倒して下敷きになった、食器棚が倒れて割れた食器が床に散らばった、電子レンジが飛んできた、など地震は予想だにしない危険をもたらします。

危険を回避するため、地震大国の日本で家具の固定は常識!となっていますが、「賃貸で壁に穴を開けられないから家具の固定が出来ない…」とお悩みの方をいるのではないでしょうか?

今回は壁に穴を開けなくても大丈夫な家具固定グッズと、私が実際に家で行っている地震対策をご紹介します。

家具の固定種類

家具の固定といっても、固定には色々な種類があります。
どのタイプが家に合うか予め調べてから購入をしましょう!

L字金具

壁と家具をL字金具で固定する方法が一番効果があります。

ネジで固定をするので家具の転倒を防いでくれますが、壁にネジを通す必要があるため、賃貸ではL字金具の使用を躊躇ってしまいます。

ベルト・ワイヤー

ベルトやワイヤーで家具を固定する方法も効果があります。

壁や天井にネジで固定することで、転倒防止対策ができます!

突っ張り棒

突っ張り棒は天井と家具の幅が狭い場合に効果あり!
しかし、固定方法を間違えると何も効果が生まれないので注意が必要です。

また、定期的に突っ張り棒が緩んでいないかチェックもしましょう!

突っ張り棒は奥に

突っ張り棒は手前ではなく、必ず家具の両端の壁側(奥側)に設置してください。
壁から離れていると家具の固定効果がありません!

設置向きは縦

突っ張り棒の向きは正面から見て縦向きに取り付けてください。

粘着マット

出典:Amazon

粘着マットはテレビや机など小さな電化製品・家具を動かないようにするために最適です!

電化製品や小さな家具も地震の揺れにより飛んでくる危険性があるので、粘着マットを貼って動かないように対策をしましょう。

壁に穴を開けたくない!

L字金具や、ベルト・ワイヤーは家具の転倒防止に効果がありますが、賃貸やどうしても壁に穴を開けたくない場合には躊躇ってしまいますよね。

私の場合は、冷蔵庫の横がタイル壁なので穴を開けることはできませんでした。

きっと同じように壁に穴を開けられない方は沢山いるかと思いますが、壁に穴を開けなくても家具は固定できるので、諦めずに家具の転倒防止対策をどんどん行いましょう!

サンワダイレクト 冷蔵庫地震対策ストッパー

出典:Amazon

強力な粘着シールで冷蔵庫と壁を繋げて固定をします。

ゴム製のベルトが振動を吸収し、震度6強まで耐えてくれる優れもの!
壁に穴を開けたくない方はぜひ「冷蔵庫地震対策ストッパー」で冷蔵庫を固定してほしいです。

仕様
  • 対象物重量 2本使用時、160kg以下
  • 耐震性 震度6強相当
  • 耐久性 約5年
粘着シール取り付け後は72時間動かしてはダメです!
取り付け方法

取り付け方法は2通りあります。

  • 天板固定×1、側面固定×1
  • 天板固定×2

冷蔵庫と壁が近ければ、側面に1つ耐震ベルトを付けましょう!

ちなみに私は、側面が狭すぎて手が通らなかったため付けられず、天板に2つ耐震ベルトをつけています。

サンワサプライ 耐震ストッパーL型

出典:Amazon

こちらも粘着シールで壁と家具を固定します。

棚や、パソコン、ディスプレイ、精密機器などの転倒落下防止に最適です。

仕様
  • 対象物重量 4本使用時、80kg
  • 耐震性 震度7相当
  • 耐久性 約10年
粘着シール取り付け後は72時間動かしてはダメです!
取り付け方法

ベルトが緩まない場所に耐震ストッパーをつけます。

壁と固定したパソコンなどの機器のメンテナンスをする際は、ロックトップのコインネジで脱着も簡単に行えるので、固定をしても安心です!

サンワサプライ 耐震ストッパー

出典:Amazon

家具と壁に貼り付ける特殊素材のポリウレタンフォームなので、揺れをしっかりと吸収してくれます。

食器棚など、重量がある家具の固定にオススメです!

仕様
  • 対象物重量 1本使用時150kg、2本使用時300kg、3本使用時450kg
  • 耐震性 震度7相当
  • 耐久性 約8年
取り付け方法

家具の上部または側面に耐震ストッパーを貼り付け3~4回強く押しつけます。
続いて壁に粘着部分を貼り付けて壁に向かって3~4回強く押しつけ、取り付け終了です!

布粘着材、スポンジの損傷がなく、粘着面の汚れがなければ繰返し使用も可能!

まとめ

「壁に穴を開けられないから…」と諦めることは一切ありません!
以上のように、壁に穴を開けなくても効果的な家具の転倒防止対策は行えます!

私も3つの製品を実際に冷蔵庫や食器棚・本棚に使用していますが、震度5強に耐えて家具は全く倒れてきませんでした。

突っ張り棒も一緒に使うことで、より強度が強まるかと思うので安心できますよ!
※突っ張り棒は家具の上部と天井が近い場合に効果ありなので、距離がある場合はオススメできません。

地震の揺れで家具が倒れると怪我をしたり、ドアを塞がれて逃げ遅れる危険性があります。
ご紹介した商品を参考に家具を固定してもらえたら嬉しいです!


りーちゃ
りーちゃ

Twitterもやっています!

フォローお願いします…!

タイトルとURLをコピーしました