サイト管理人についてはこちらから!
スポンサーリンク

koremo.の車載用防災セットを大切な人に贈ろう!

防災グッズ

通勤、買い物、旅行など、あらゆる場面で活躍する自動車。
移動が便利で毎日欠かさず乗っている人が多いと思いますが、残念ながら事故以外にも車には危険が沢山潜んでいるんです。

大地震や自然災害での立ち往生、交通渋滞や事故など、ありとあらゆる危険を想定して車にも防災セットを備える必要があります。

車に防災セットを備えている方が少ないからこそ、大切な人に車載用防災セットをプレゼントしませんか?

今回はもらって嬉しい「koremo.コレモ」の車載用防災セットをご紹介します!
自分で買わないからこそ、もらって嬉しいはず!(押し売り)

koremo.のプレゼントに最高な防災ポーチはこちら↓

koremo.コレモ 車載用防災セット

猫が邪魔してくる…

koremo.コレモさんが販売している車載用防災セットをゲットしましたが、とてもシンプル!
男性にプレゼントをしても嫌がられないシンプルなデザインですよね!

毎日車に乗っている父にプレゼントしようと思いましたが、人様に渡す前に自分で使ってみたくなる性格故に、まずは自分で開封してみました。

防災セットを開ける瞬間ってワクワクドキドキが止まらない!
そんな感情と共に車載用防災セットの中身をご紹介します。

車載用防災セットの中身

「大雪により高速道路で立ち往生した」なんてニュースを冬に見かけることがありますよね。

自然災害や地震、事故などにより車が足止めされると、車内で長時間過ごすことになるでしょう。
だからこそ、もしもに備えての車載用防災セットが必要となります。

とはいえ、防災グッズを普段から備える習慣がない人は、車載用に何を備えれば良いか迷いますよね…。
私も初めて車に防災グッズを備えるときは「車載用」として既にまとまっているものを購入しました。

「何から買えば良いのか…」と迷うからこそ、koremo.の車載用防災セットは必要最低限のグッズが最初から備えられているので、防災グッズ初心者の方にオススメ!

それでは早速、中身を見てみましょう!

車載用防災セット用トートカバン

約縦40cm、横30cmの大きいトートバッグがセットについています。

大きくて余裕のあるサイズなので、どんどん物を詰めたくなる心配性な性格に自分自身が疲れます…。
でもきっとこの気持ちが災害時に絶対役立つはず、と信じたい…。

緊急脱出用ハンマー

車載用の防災グッズで一番大切であろう脱出用ハンマー

脱出用ハンマーは、ドアが開かなくなった時に窓ガラスを割ったり、事故にあってシートベルトが外せなくなった場合にシートベルトを切る、といった用途に用いられます。

ゲリラ豪雨や台風などの大雨により車が冠水したと想定した実験では、

  • セダン運転席ドアの場合、水深60cmでは水圧の影響により、通常の5倍近くの力が必要になる
  • ミニバン後席スライドドアの場合、水深60cmでは男性の力でも外からスライドドアを開けることができなかった

という結果が出ました。

完全に水没していなくてもドアが開かなくなる恐れがあるので、脱出用ハンマーは備えておきましょう。

水位が増してドアが開かない!

水位が増してドアが開かなくなった際に、脱出用ハンマーの先端に付いている硬い金属部分を垂直にサイドガラスに当てて叩き割りましょう!

フロントガラスは合わせガラスになっています。割れた破片が車内に入ってくる恐れがあるので、必ずサイドガラスを割りましょう。
事故でシートベルト取れない!

サイドガラスを叩き割る金属が付いている反対側にはシートベルトを切るカッターがあります。

事故などの衝撃でシートベルトが取れなくなった場合に、こちらのカッターでシートベルトを切りましょう!

シートベルトが取れなくて身動きが取れなくなると大変!
必ず手に届く場所に脱出用ハンマーを置いておきましょう(例:運転席のドアポケット・座席の脇など)!

手回し式充電ラジオ&ミニライト

車に常に入れておくとなると乾電池は怖いですよね(車内の温度が上がると同時に乾電池も熱を持ちそう…)。
koremoの車載用防災セットに入っているラジオ&ライトは手回し式なので熱がこもる心配はありません!

車内に閉じ込められた時にラジオで情報収集したり、周囲をライトで照らしたりと、もしもの時に大活躍するでしょう。

りーちゃ
りーちゃ

車のラジオでも良いですが、長時間立ち往生となるとガソリンが勿体ないので、エンジンを切るかと思います。

念のためラジオがあると情報収集に役立ちますよ!

このラジオ&ライトは少しの手回しで使えるため、手が疲れません。

ハンドル1分間(約120回)回すと…
  • LEDライト:約30分連続使用
  • ラジオ:約7分連続使用
  • サイレン:約3分連続使用

LEDライト搭載なので明るい…!
これなら足元もしっかり照らしてくれるので安心です。

携帯トイレ

長時間車内に閉じ込められるとトイレに行けません…。
携帯トイレがあると車内でどうにかなるので、念のため車に入れておきましょう!

koremo.の防災ポーチの携帯トイレには持ち運び用袋もついているので、いざという時も安心ですよ。

青い袋を開けると尿凝固剤が入っています。

軍手・アルミシート・ポケットティッシュ

サイドガラスを割るときに念のため軍手をすると怪我の心配もないですよね。

また、アルミシートは吹雪の立ち往生での寒さ凌ぎになるので、車内に入れておきましょう!
防寒グッズは大切ですよ!

トートバッグに入れると…

全てのグッズをトートバッグへ入れてみました!
※脱出用ハンマーはトートバッグに入れず、運転席のドアポケットに入れます。

トートバッグが大きいので、まだまだカバンに余裕があります。

プレゼントで渡す分には最低限の防災セットで充分かと思いますが、私だったら「水」「食料」「トイレを隠すためのポンチョ」を入れるかな~と考えました。

↑こちらのクッキーは-20℃~80℃まで耐えられるため車内でも保存可能!
これは車に沢山備蓄したいクッキーですよね。

りーちゃ
りーちゃ

私は7年保存のクッキーを車に入れています。あると安心!

そして水も必ず車に入れておきたい!

まとめ

車載用の防災セットを備えていない方はきっと多いはず…!
冬になると「吹雪で立ち往生」なんてニュースも目にするので、もしもに備えて必ず車載用防災セットを備えていただきたいです。

あらゆる危険から身を守ってもらうためにも、大切な人に車載用防災セットをプレゼントしませんか?
防災グッズの大切さを一緒にどんどん伝えていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました