サイト管理人についてはこちらから!
スポンサーリンク

カセットボンベの使用期限と正しい捨て方~期限チェックを怠らないで!~

ノウハウ

「非常食や飲料水の賞味期限チェックは忘れずに!ローリングストック法をしよう!」

と、メディアなどでも沢山言われていますが、意外と見落としがちなのがカセットボンベの使用期限…!

災害用にカセットボンベを購入してそのままになっていませんか?
もしかするとそのカセットボンベ、使用期限が切れているかもしれません!

期限が切れていると使用できないので、非常食・飲料水併せて期限チェックを行いましょう。

今回は、カセットボンベの使用期限についてや、捨て方などについてご説明します。

なぜカセットボンベに使用期限?

カセットボンベは、ガス漏れを防ぐためゴムパッキンを使用しています。
ゴムパッキンは使用頻度に関わらず経年劣化していくため、カセットボンベの使用期限を定めています。

経年劣化したまま使用してしまうと、ガス漏れで引火や爆発する恐れがあるので、必ず期限をチェックしましょう。

中身のガスではなく、カセットボンベの構造で使用期限があるんですね!

カセットボンベ使用期限

カセットボンベの使用期限は缶の裏に記載されています。

使用期限は製造から約7年ですが、錆が出ていたり、歪んでいたら劣化が進んでいる可能性があるので使用しないでください!

出典:イワタニ

写真のように古いデザインのカセットボンベや、歪み・錆があるものはガス漏れの可能性があるので絶対使用してはダメです!

カセットボンベの捨て方

もちろんガスなので、処分には気を付けなくてはいけません!

以前、札幌の某不動産会社がスプレー缶120本以上のガス抜きを喚起をせずに行い爆発を引き起こす事件がありました。
流石にご家庭で120本を一気にガス抜きすることはないと思いますが、ガス抜き作業は爆発を引き起こす可能性がある危険な作業です。

カセットボンベのガス抜きをする際の注意点もご確認ください。

正しい処理方法

  1. 風通しの良い屋外で火の気のないことを確認します。
  2. キャップを取り、先端を下向きにしてコンクリートなど硬い所に押し付けガスを出します。
  3. ガスを出し切ったらボンベを振ってください。「シャカシャカ」と音がしなければガスが抜けて空になった状態です。
  4. ガスを抜ききったらお住まいの地域のごみ出しの取り決めにしたがって廃棄してください。

出典:イワタニ

カセットボンベに含まれるLPガスは空気より重いです!
台所のシンクでガス抜きを行うとシンクにガスが溜まる危険性があるので絶対に台所では行わないでください!
(シンクでガス抜きをしてから火をつけると爆破の可能性が…)
ガスが入った状態で穴を開けるとガスが噴出して止まらなくなります。
危険なので絶対穴は開けないでください!

未使用または大量にガスが入ったカセットボンベの捨て方

気が付いたら「一回も使わないまま期限が切れてた…」なんてこともありますよね。

いくら外でガス抜きをするとしても、大量にガスが入っているので不安です。

使い切れなかったカセットボンベは各自治体で引き取ってくれるので、まずはお住いの自治体のHPを確認しましょう!

札幌市は各清掃事務所、消防署、地区リサイクルセンターに引き取ってくれます。
実は私も期限切れのカセットボンベが家にあるので、ここに持っていかねば…。

まとめ

私の家はIHなのでカセットボンベを使う機会がほぼなく、備えていたカセットボンベの使用期限が切れてしまう…、なんてことも日常茶飯事でした。

非常食だけではなくカセットボンベもローリングストックを心がけて、常に新しい物を備えていきたいですね。

そして、火事を引き起こさないよう、カセットボンベは正しい捨てましょう!

タイトルとURLをコピーしました